金髪のウーマン

毛穴のたるみを解消する方法|化粧品で美しい肌をゲット

ビタミンcの肌への効果

スキンケア

ビタミンcが肌に良いことはよく知られています。しかし、経口摂取したものはその多くが脳や内臓に吸収されてしまい、また、水溶性ですぐに体から流れ出てしまう為、多量に摂取しても肌への効果は未知数でした。更に、これまで、ビタミンcを化粧品にしても、肌への浸透性が低く、また、塗布直後に紫外線を浴びると炎症を起こすなど、デメリットが多いとも言われていました。しかし現在では、「ビタミンc誘導体」という形で、安全かつ効果的に肌に導入することができるようになりました。ビタミンcは、メラニンの生成を抑制する効果、抗炎症作用、皮脂の過剰分泌を抑制する効果、活性酸素を取り除く効果など、様々な効果があります。そこで、ビタミンc導入剤を取り入れることで、美白効果やシミの改善、ニキビの改善や毛穴の引き締め、アンチエイジングなど、色々な効果を得ることが可能となりました。

一口にビタミンc誘導体といっても、「水溶性」「脂溶性」「水溶性かつ脂溶性」の3つのパターンがあります。水溶性は即効性があるが、乾燥により肌がつっぱりやすくなり、脂溶性の場合は、乾燥しにくい一方で即効性に劣るという、それぞれの問題がありました。そこでそれぞれのデメリットを減らし、効果を活かす「水溶性かつ脂溶性」という商品も登場してきています。ビタミンc誘導体を選ぶ際は、自分自身の悩みや肌質に合わせ、どの種類を選ぶかを見極めることが大切です。また、ビタミンc誘導体は肌にしっかりと浸透させることでその効果を感じることができます。一方、付けすぎや濃すぎは逆に肌あれのリスクがあります。そこで、決められた濃度・決められた量を守りつつも、コットンパックや美顔器などを利用して、肌への浸透率を高めることで、安全に効果を感じることができるでしょう。